石原千秋 テクストはまちがわない

Amazon CAPTCHA

 

近代文学研究のフィールドでは、「作者」に死が宣告され、「テクスト」という考え方が受け入れられて久しい。本書では「テクスト」それ自身を徹底して読み込むことで「読者」の位置を炙りだす。漱石、芥川、太宰から村上春樹吉本ばななまで、縦横無尽に構造分析を試みる「文学テクスト論」の最前線。

 

ほんとに論文集だった。

石原千秋の「こころがオイディプスである(K先生のライバル関係を先生青年が模倣する)」っていう論はすっごい好きだしクリティカルでいいのだけど、近年ではちゃんと「文学研究が外部に開かなきゃ!」っていう意識を持ってるのはすごいよなと思う。がんばってほしい。テクスト論その他はもはや染みわたっているので飛ばし読んだ。(それにしても阿部先生にしてもこのひとにしても、吉本ばななの目くばせを「女」として読みすぎでは……いやまぁその通りなんだけど、それそんな大切か?ってツッコミたい)

 

それにしても、これ読んで分かったのだけど、大江健三郎小島信夫石原慎太郎古井由吉を今いまいち読みにくい(明治や大正の文豪よりも本屋にも置いていないよね?)のは、アメリカという国の表象のせいなのかもしれない。

日本文学のテーマとしての自意識の空転というのは明治だろうと現代だろうと大して変わっていなくて、だから村上春樹太宰治は同じだなんて言われる。結局近代的自我というものを抜きにしても、自意識ぐらぐらが多いのが日本という国なんだから。

だけど、戦後すぐの作家は基本的に「アメリカ」という国の影を強く背負っていて(このへん加藤典洋案件ですね)、アメリカ兵がすぐ小説に出てきたりメタファーとして登場したりする。この感覚が、今の若い私たちにはわかりにくいんだろうなーと。やっぱりアメリカの属国であるといくら言われたところで、マックは行くわマドンナ聴くわの世界だと厳しいものがある……。このへんの肌感覚がないからこそ、60年代の小説って読みにくいんだなぁ。

その脱臭化として村上春樹が出てきて、日本文学はがつっとそっちへ行ってしまった。だから余計に今はもうよく分からない感覚になってしまってるのだろう。

そう思うと、近代と現代の境目はやっぱりグローバル化にあるのだなー。現代の批評家に頑張ってほしいところである。